会社案内

Company

ご挨拶

お客様に新しい価値を創出し、
社会と共生する良識ある企業を目指します。

当社は1970年9月に設立し、今年で50周年を迎えることができました。当社にとって50周年という記念すべき節目の年を迎えられたのも、お客様やお取引様、社員、そして多くのご関係の皆様の温かいご支援とご指導の賜物と、心から感謝しております。

これまで当社では半世紀にわたり、ゴム・プラスチック製品の製造を軸に、医療・理化学・インフラ・食品など多岐にわたる分野の製品づくりに携わってきました。オンリーワンの突出したモノづくり、仕事に対する誠実な姿勢、社員を大切にし、全員が一丸となれるファミリー的な風土など、先人たちが築いてきたものを受け継ぎながら、より一層世の中のお役に立てるモノづくりを進めていきたいと考えております。

今後は当社の得意分野である医療機器に関わる知見・経験や設計開発のノウハウを活かした新しいご提案や、家電部門における自社ブランドの育成に注力してまいります。知恵やアイデアをベースにした提案型のモノづくりを通してお客様・お取引様にイノベーションを提供し、社会や暮らしにポジティブな変化をもたらしていくことが私たちの使命。コストのスリム化、質の高い国内生産など、できることを一つ一つ積み重ね、しっかりと汗をかきながら安全性、品質、すべてに納得のいくモノづくりを進めてまいります。

この想いを社員一人一人に深く浸透させ、当社の目指すものを明確に示すべく、新たな企業理念としてFUKAI WAYを策定しました。「モノづくりの本質を追求し、良識をもって未来を変えていく」。この理念を拠りどころに、強い意思とチームワークでモノづくり日本の一翼を担う企業としてさらなる成長を目指してまいります。

フカイ工業株式会社

代表取締役社長

深井 研也

お客様に新しい価値を創出し、
社会と共生する良識ある企業を目指します。

当社は1970年9月に設立し、今年で50周年を迎えることができました。当社にとって50周年という記念すべき節目の年を迎えられたのも、お客様やお取引様、社員、そして多くのご関係の皆様の温かいご支援とご指導の賜物と、心から感謝しております。

これまで当社では半世紀にわたり、ゴム・プラスチック製品の製造を軸に、医療・理化学・インフラ・食品など多岐にわたる分野の製品づくりに携わってきました。オンリーワンの突出したモノづくり、仕事に対する誠実な姿勢、社員を大切にし、全員が一丸となれるファミリー的な風土など、先人たちが築いてきたものを受け継ぎながら、より一層世の中のお役に立てるモノづくりを進めていきたいと考えております。

今後は当社の得意分野である医療機器に関わる知見・経験や設計開発のノウハウを活かした新しいご提案や、家電部門における自社ブランドの育成に注力してまいります。知恵やアイデアをベースにした提案型のモノづくりを通してお客様・お取引様にイノベーションを提供し、社会や暮らしにポジティブな変化をもたらしていくことが私たちの使命。コストのスリム化、質の高い国内生産など、できることを一つ一つ積み重ね、しっかりと汗をかきながら安全性、品質、すべてに納得のいくモノづくりを進めてまいります。

この想いを社員一人一人に深く浸透させ、当社の目指すものを明確に示すべく、新たな企業理念としてFUKAI WAYを策定しました。「モノづくりの本質を追求し、良識をもって未来を変えていく」。この理念を拠りどころに、強い意思とチームワークでモノづくり日本の一翼を担う企業としてさらなる成長を目指してまいります。

フカイ工業株式会社
代表取締役社長

深井 研也

社是

原理、原則に従い、合理的な開発営業を行い、会社の発展に努め、
社員の安定した生活を護らなければならない。
幼児の心理、性格から脱却し、大人の人格を早く形成し、
協力して仕事の出来るファミリー的会社を作らなければならない。

深井 昭壽

原理、原則に従い、合理的な開発営業を行い、会社の発展に努め、社員の安定した生活を護らなければならない。
幼児の心理、性格から脱却し、大人の人格を早く形成し、協力して仕事の出来るファミリー的会社を作らなければならない。

深井 昭壽

社訓

全てにおいて大改革を断行し、安定した会社の礎を作る。
「全社員は、もっと危機感を持つべし」
「平穏な考え方の人は、直ちに払拭すべし」
「生き残るために何をすべきか、常に考え行動すべし」

佐藤 卯佐雄

全てにおいて大改革を断行し、安定した会社の礎を作る。
「全社員は、もっと危機感を持つべし」
「平穏な考え方の人は、直ちに払拭すべし」
「生き残るために何をすべきか、常に考え行動すべし」

佐藤 卯佐雄

FUKAI WAY

モノづくりの本質を追求し、
良識をもって未来を変えていく

モノづくりの本質を追求し、良識をもって未来を変えていく

私たちの使命

Mission

医療、健康、暮らしを豊かにし、未来を明るくするモノづくりを通じて、
安心、安全、喜び、幸せ、満足を提供します。

医療、健康、暮らしを豊かにし、未来を明るくするモノづくりを通じて、安心、安全、喜び、幸せ、満足を提供します。

  • お客様は、安心安全な医療、健康、暮らしを豊かにし、未来を明るくする製品を求めています。
  • 私たちは、モノづくりを通じてお客様が抱いておられる概念を超えた「今までにない新しい価値」を提案しつつ、安心、安全、喜び、幸せ、満足を提供します。
  • 私たちが行うすべての活動は、お客様のためでなければなりません。
  • 私たちは価値を提供し、製品原価を引き下げ、適正な価格を維持するよう、常に努力を続けます。
  • お客様からの注文には迅速、かつ正確に応えます。
  • 私たちはビジネスパートナーと公正な取引をし、持続性のある関係を築くことで、ともに発展します。

良識ある企業活動を通じて、明るい未来の創造に貢献し、
社会との調和ある発展を目指します。

良識ある企業活動を通じて、明るい未来の創造に貢献し、社会との調和ある発展を目指します。

  • 私たちは、法律・規制を遵守し、社会のルールや良識に沿った活動を行い、安全で環境に配慮した製品、サービスを提供し続けます。
  • 私たちの行動は世界とつながっています。私たちは、事業活動による環境負荷を真摯に受け止め、その負荷の継続的な低減に取り組みます。
  • 地域社会や私たちを取り巻く人々との良好な関係をはぐくみ、企業活動を通じて豊かな社会の発展と、より良い世界の実現に貢献します。

私たちの価値観

Value

お客様のために行動する
変化を恐れず挑戦する
個人と会社がともに成長する
正しさへのこだわり

お客様のために行動する
変化を恐れず挑戦する
個人と会社がともに成長する
正しさへのこだわり

お客様のために行動する

  • 私たちにとって最も大切な存在は、お客様です。私たちのすべての活動は、お客様に喜んでいただき、満足していただくためにあります。
  • 私たちがモノづくりを考える時は、必ず「お客様の立場」に立って考えます。「それがお客様に何をもたらすのか」、「それはお客様の要望に応えているのか」、お客様の側に立って熟考することを忘れません。
  • 製品、サービス、コミュニケーションなどはもちろんのことですが、組織体制づくり、経営計画、その他あらゆる経営施策についても、最終的にお客様に対してどのような価値を提供できるのか、ということを意識して取り組みます。

変化を恐れず挑戦する

  • 「変化を恐れず挑戦する」ことは、今までも、これからも、私たちの成長を支える基本精神です。
  • フカイ工業株式会社は、設立50年の節目を迎え、新たな挑戦を迎えています。社会の変化を正しく認識し、従来のやり方の延長線上で進むのではなく、これまでどおり継続し大切にすること、改めやめること、新たに始めることを明確にし、よりよい未来へと日々変化していきます。
  • 私たち自身が変わらなければ、変わってしまう、変えられてしまう時代の中で、変化に対し勇気を持ち、失敗を恐れず、常に夢、ビジョン、熱意、誠意のある仕事に挑戦します。

個人と会社がともに成長する

  • 企業活動の主役は、フカイ工業株式会社に所属する全員です。一人ひとりが、仕事を通じて人間力を高め、誇りと自信を深め、フカイ工業株式会社の主役として、輝いて活躍できる組織をつくっていきます。
  • 私たちは、全力で仕事に取組み、目標をもって生きることで、良い習慣を身につけ、良い社風をつくっていきます。仲間を大切にし、家族を大切にし、個人と会社がともに成長発展し、成果を分かち合える会社を目指します。

正しさへのこだわり

  • 私たちは、経営の在り方、取引姿勢、従業員との向き合い方など、あらゆる企業活動において、「正しさ」をもって判断基準とします。
  • 正しい企業姿勢と企業活動こそが、企業の信用と信頼を築く礎と考えます。企業として、法律・規制を遵守し、公正さを心掛け、社員一人ひとりに対しても正しい行動を求めます。
  • 人づくりを通じて、より良いモノづくりを行い、あらゆる人々から親しみをもっていただく品格ある企業を目指します。

私たちの行動規範

Principle

「誠実」

私は、全力で仕事に向き合っていると胸を張って言えるか

「情熱」

私は、最高の成果を生み出す努力をしているか

「挑戦」

私は、新しい発想をもって課題解決に挑んでいるか

「個の尊重」

私は、周囲の意欲を高めて一緒に前進しているか

「高い倫理観」

私は、何が正しいのかを考えて行動しているか

「誠実」

私は、全力で仕事に向き合っていると胸を張って言えるか

「情熱」

私は、最高の成果を生み出す努力をしているか

「挑戦」

私は、新しい発想をもって課題解決に挑んでいるか

「個の尊重」

私は、周囲の意欲を高めて一緒に前進しているか

「高い倫理観」

私は、何が正しいのかを考えて行動しているか

私は、全力で仕事に向き合っていると胸を張って言えるか

  • 私たちの事業は、お客様のために行っている事業です。たとえ直接お客様とは接しない職場の仕事であっても、すべて何らかの形でお客様とつながっています。どのような仕事であっても、自分がしたことだと堂々と胸を張っていられるかどうか、その仕事がお客様の喜びや満足につながっていくよう常に考えて仕事に取り組みます。

私は、最高の成果を生み出す努力をしているか

  • 私たちは、常に自分の仕事に卓越性を求めます。仕事にあたっては最高の目標を掲げ、最高の成果を目指します。高い目標を掲げ、自分自身の可能性に挑戦し、最後までやり抜きます。
  • 私たちは最高の成果を得るために、違いのある人たちを受け入れ、耳を傾け、多様な視点からの提案を議論します。最高の成果は、私たちの内面から生み出されるからです。

私は、新しい発想をもって課題解決に挑んでいるか

  • 私たちは、いつも原理原則に従って、現場主義を徹底し、リアルなビジネスを心がけます。
  • 私たちの製品やサービスはどうなのか、そこに問題はないのか、どのような可能性があるのか、どうすれば問題を解決できるのか。すべては現場へ行き、人と会い、本物の刺激を受けることからはじまります。私たちは行動することで、新しいアイデア、工夫を生み出し続けます。
  • 「昨日よりも今日、今日よりも明日」をよくするために、周囲からの提案に耳を傾け、試し、自らの仕事の内容や手法を客観的に見直し、毎日少しずつでも改善を続けていきます。

私は、周囲の意欲を高めて一緒に前進しているか

  • 私たちは常に考え続けます。
    私たちの仕事は、時代の変化を正しくとらえ、「より良い未来」を創ることにつながっているか。
    実現したい成果を描き、具体的な行動計画を立て、達成することによりどれだけ良い変化があるのかを、お客様や仲間に伝えられるか。
    「周囲の意欲」を高め、「一緒に」前進しているか。
    そして、誰もが自由闊達にやりがいをもって仕事に取り組むことができる職場であるかどうか。
  • 私たちは、多様な人材が個々の経験、能力、その時々の働き方に応じて、活き活きと仕事ができるよう、教育、育成、能力開発の機会をつくっていきます。

私は、何が正しいのかを考えて行動しているか

  • 私たちの仕事に対する信頼は、私たち一人ひとりの言動の積み重ねからつくられます。誰も見ていなくても、たとえルールが存在しなくても、私たちは何が正しいのかを常に考えて行動します。
  • 私たちが目指す正しさは、法律・規制を守っているか否かにとどまらない高い倫理観です。先例や慣習への過信を避け、社是、社訓、ステートメント、ミッションに照らし合わせ、「何が正しいのか」、「何を求められているのか」を考えて準備し、行動します。