第2種医療機器製造販売業 許可番号27B2X00327(本社)
医療機器製造業 登録番号27BZ200297(本社) ・ 27BZ001293(茨木工場) ・ 05BZ200007(秋田第一・第二工場) ・ 05BZ200016(秋田第三・第四工場)
医療機器修理業 許可番号27BS200656(茨木工場)
お問い合わせ
第2種医療機器製造販売業 許可番号27B2X00327(本社)
医療機器製造業 登録番号27BZ200297(本社) ・ 27BZ001293(茨木工場) ・ 05BZ200007(秋田第一・第二工場) ・ 05BZ200016(秋田第三・第四工場)
医療機器修理業 許可番号27BS200656(茨木工場)

営業とマーケティング、双方に携われるから多くのことを吸収できる。

営業技術部 営業二課
水口 貴弘
TAKAHIRO MINAKUCHI
2012年4月 新卒入社

営業でありながら、一から商品を作れる面白さを知った。

大学では法学部に在籍していましたが、元々モノづくりにも興味を持っていました。フカイ工業は、地元・大阪を拠点とした企業であったこと、医療機器・樹脂成形メーカーでありながら、家電事業にも取り組む守備範囲の広さに惹かれたことから入社を希望しました。半年間、全部署で実務を経験させていただいた後、商品のことを細部まで把握できる品質管理部に配属となり、2015年1月から営業二課で家電の法人営業に携わっています。人と話をするのは好きだったので、ちゃんと適性を見て配属してくれたのだと感じましたね。

営業二課では調理家電やクリーナーといった“暮らし”に密接に関わる商品を取引先へご提案しています。それだけでなく、マーケティング業務や新商品の企画開発も行っているのが営業二課ならではの特徴です。日々の営業活動のなかで聞き取ったお客さまのニーズと市場調査で得た情報をもとに、海外の家電展示会などで新商品を発掘。海外の工場と交渉しながら、フカイブランドとして開発・製造を進めています。そのため仕事内容は多岐にわたりますが、一から商品を開発することで、お客さまのご要望に応えられるというやりがいを感じています。マーケティングや商品開発の経験があることで、営業としての引き出しも増えたと思います。

営業として初めての成功体験は、忘れられない思い出。

自分が開発に携わった商品が販売先へ導入に至った時、その商品が売り場に並んでいるのを見た時、エンドユーザーからお褒めのお手紙をいただいた時などは、やはりやりがいを感じますね。なかでも、最も印象に残っている仕事は、最初に担当させていただいた法人様とのお取引。提案書の見せ方ひとつにもこだわり、商品特長や他社商品との違い、メリットなどをわかりやすくまとめ、お客さまにうちの商品を選んでいただけるように知恵を絞りました。その甲斐あって商品を気に入っていただき、導入してもらえた時はうれしかったですね。売り場にも足を運び、誰かに買ってもらえるのを見届けるまで巡回したこともありました(笑)。商品を買っていただく姿を見た時に、すごくホッとしたのを覚えています。

仕事をするうえでのポリシーは、何事にもすばやく丁寧に対応すること。それがお客さまに満足してもらい、この先も長いお付き合いを続けていく秘訣だと思うからです。特に、担当法人さまからのご要望やご指摘、商品の不具合は、何をおいても対応します。自分一人で解決できない場合は、全部署に声をかけてすぐにミーティング。一つの課題に対して「全員参加」で向き合える環境があるのは、フカイ工業の魅力のひとつですね。新商品や既存商品のレビューも全員参加で行います。茨木サイトは主婦層が多いので、実生活にもとづいた的確な意見をもらえるので助かっています。彼女たちの反応ひとつで商品の売れ行きもなんとなくわかりますね。レビューは商品資料にも反映し、営業の場面でも活躍しています。

フカイ工業の顔となる、スター商品の開発にチャレンジしたい。

フカイ工業が得意としている医療や家電は、生活の手助けができるカテゴリー。メーカーという立場から世の中に商品を発信することで、生活の不便を一つ解消できるのがこの仕事の最大の醍醐味だと思っています。そのためには、得意先・販売先のみならず、エンドユーザーに満足してもらえる商品をイメージしながら商品開発をすることが大切だと感じています。将来は、どんな店舗に行ってもフカイ工業の商品が陳列されているようにしたいですね。オリジナルのスター商品を開発し、「○○といったらフカイ工業」と真っ先に名前を出してもらえるようなメーカーにしていくのが今の夢。フカイ工業から家電市場を活性化していきたいと思っています。

私のON&OFF

〈1日のタイムスケジュール〉

8:20 出社
メールチェック&ニュースチェック&当日の仕事の確認。
8:45 始業
朝礼で1日の会議予定や業務内容を報告。上司や別法人担当者と情報共有を行います。
10:00 営業・商談
新商品のリリース情報をご紹介し、商品を提案。情報交換を行い、販売先のご要望を聞き取ります。
12:00 お昼休憩
13:00 マーケティング
市場状況の確認や売れ筋商品の情報収集のため、売り場を巡回。
14:00 帰社
得意先への対応を優先しながら、外出中できなかった業務を処理し、空いた時間でマーケティング情報をまとめます。
17:00 清掃
社内の清掃を実施。終業までの間に日報を作成します。
17:45 報告
1日の業務・成果を課内終礼で報告。
19:00 終礼・退社
1時間程度の残業中に提案書などの資料作成。本日やり残した仕事はないか、明日の仕事内容は何かを確認し、退社します。

〈休日の過ごし方〉
妻と一緒にゴルフの練習や地元のグルメ巡りを楽しんでいます。有給もとりやすいので、香川県のうどん、高知県のカツオ、愛知県のひつまぶしなど、プチ旅行を兼ねてリフレッシュにあてることも多いですね。

スタッフインタビュー

石辻 岳志

営業技術部 営業技術課
2017年4月 中途入社

水口 貴弘

営業技術部 営業二課
2012年4月 新卒入社

今北 泰男

営業技術部 営業一課
2015年7月 中途入社

五領田 真起子

品質管理部 品質管理二課
2017年11月 中途入社